神奈川でベビーシッターの仕事に必要な資格とは

subpage01

神奈川は東京とのアクセスも良く、大都市圏であることから共働き夫婦が非常に多い地域です。

そのため、保育施設の需要が非常に高い地域でもありますが、様々なメディアで報道されているとおり、保育施設が不足しており多くの待機児童を有しています。



自治体もこの問題を深刻に捉え、保育施設の建設を進めているところですが、まだまだ十分だとはいえません。
そこで、注目を集めているのがベビーシッターです。



訪問型の保育であれば、保育施設を有しないこと、資格がなくても始められることから、要員を集めやすいことが普及を加速させている理由です。
特に神奈川はその需要が高いことから、派遣会社も数多く設立されていますが、ここ最近の傾向としては、保育士の国家資格を有した人、もしくは全国保育サービス協会が実施する資格認定試験に合格した人が優遇される傾向にあります。



これから、神奈川でベビーシッターを始めたいという人は、保育士の国家資格は難しいとしても、資格認定試験は合格しておきたいものです。

資格認定試験を受験するためには、全国保育サービス協会主催の研修を受講し、実務経験を有していることが条件となりますから、まずは、ベビーシッター派遣会社に入社し、研修を受講し、実務経験を積みながら勉強することが大切です。

今後、ベビーシッターの需要はさらに高まることが予想されますが、それに対して豊富な経験や高いスキルが求められます。


反対にいえば、認定試験に合格していないと、思ったように仕事は回ってきませんから、できるだけ早い段階で合格しておきたいものです。